2006年11月 9日 (木)

よかろう門・赤坂~味のモトはどこから

ものすっごい久しぶりの更新で、どこのお店を書こうかなぁと悩んだんだけど、少し涼しくなってきたのでお鍋!モツ鍋屋さんです。

モツ鍋といえば、私は恵比寿の蟻月が一番好きなんだけど、どうにもこうにも予約がとれない・・・・・。でもムショーニもつ鍋が食べたい時ってあって。そんな時よく伺うのがこちらのお店です。

青山通りから、一方通行を逆行して入った左側。ちょうど赤坂見附のサントリーさんの裏側あたりかな。先日ご紹介したカナユニのまん前です(笑)。店の入り口にかかってる提灯が目印になるはず。ほぼすべてのテーブルが個室になっていて、ゆっくり食べたい人や、顔を見られては困る人(?!)などにオススメです。

メニューは、蟻月とそう変わりません。主役のもつ鍋は、しょうゆ、みそ、辛みその3種類。でも、こちらのお店では、みそを食べてください(´・ω・`)。ほかの2つも食べてみたんだけど、だんぜんみそがうんまい。しょうゆは少しものたりなく感じます。サイドメニューは・・・・、うーんこれといって絶対食べてね!っていうのはないです。あ、ハラミを焼いてゆずこしょうをつけて食べるのはなかなか。お鍋のあとにちゃんぽんは是非。

もつ鍋の味って、ニンニクがたくさん入ってるし、そんなに繊細に感じるものでもないのかなぁと思うのだけど、博多の方に聞くと、「”○の素”の味がするとこはだめだっちゃ」若干、方言間違ってますが・・・)ということらしい。天下の”○の素”を決して否定する訳ではないのですが、どうもこういう言い方でダメ出しされるお店が少なからずあるようです。こういう博多っ子の気持ちには、なんとなくうなずけます。

まぁおいしけりゃいいじゃん!って人もいるはずだし。ほうれんそうのおひたしにちょっとだけ味の素かけておしょうゆたらせば、バツグンにおいしいしさ。実際、どれくらい入ってるかなんてわからないわけで(笑)。味で商売するというのはなんとも難しいものです。

こちらのお店、蟻月とちがって、当日直前にお電話しても、だいたいあいてます。おいしくないからとかじゃなくて!(笑)。たぶんちょっと場所がややこしいから知らない人がおおいのかも。だからもつ鍋が恋しいときは、とっても穴場ですよん(=´∇`=)。

| | コメント (155) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

サンライン・高輪~医食同源の真実

以前から気になっていた、「辛~い、英国風特製スープカレー」をついに食べてきました。魚藍坂を下りかけたあたりの坂の途中、白い壁の小さなお店です。看板には、「英国風特製カレー」そして、「お水はいっさい出しません」と明記してあります。

そう、実はこのお店お水がでてきません。メニューもカレーひとつだけ。なので座れば自動的にこの特製カレーが出てきます。店内は狭く、カウンターだけで10人ほど座れるのかな。おばちゃん(というには少し若いか・・・(笑))が一人できりもりなさってました。とにかく、「お水がでない」というプレッシャーの中、まず一口・・・・。む、あんまり辛くない(´・ω・`)。・・・・・・と思ってぱくついてると、だんだんと胃のあたりがあたたか~くなってくるの。そして口のなかも少しずつ辛~く。でも、食べられない辛さではなくて、心地よく舌を刺激してくれる感じ。

こちらのお店のコンセプトは、医食同源。お店の説明によると、「ニンニクをたっぷり使って、各種スパイスと小麦粉を3時間ほど炒めた上、特製スープをいれ、5-6時間煮込む」のだとか。裏ごししてあるので、まったく具はありません。完全なスープ状態。しかし、このアルカリ性のスープが体に染み渡る感じで、よいのです。

でもね、まったくお店の方と口を聞かないで食べ始めたので、お店の人がどんなテンションなのかもわからず、ももはかなり精神的におびえた状態でした(笑)。「これだけこだわりある店だから、残すとものすごい怒られるのかな・・・」「すごく辛くなってお水が無性に飲みたくなったらどうしよう・・・」「完食した良い子にだけ出してくれるっていう抹茶アイスがもらえなかったら・・・・・」なんていう取り越し苦労が頭をよぎりまくりながらのランチは、なかなか体験できませんよっ。結局、ごはんだけ少し残してしまったのですが、お店の方は笑顔で「あーいいですよゴハンは。おなかの具合もありますしねー」なんて笑いながら、抹茶アイスをだしてくださいました。(;´Д`)早くしゃべっとけばよかったいいひとじゃん。←というのが本音です(笑)。

でもね、お店の人のセリフに注目。

「・・・・ゴハン。」ってことはさ。ルー残すとどうなるの?(´・ω・`)

試してみたいような、怖いような。いずれにしても、お店のかたがとっても感じのいい人なのにはかわりありません(笑)。カレー一皿1500円。少し割高だけど、試してみる価値は大いにあります。そうそう、食べ終わった後もしばらくお水を飲まないほうが、栄養が体にしみわたっていいそうですよー。

| | コメント (32) | トラックバック (1)

2006年9月 4日 (月)

しまだ・南青山~おうどん対決

ある日、仕事仲間と、うどんとそばのどちらが好きかという会話になりました。私はだんぜんおうどん。いかにきつねうどんがおいしいかを熱く語っていると、某上司が「青山になかなかおいしいうどんやあるから行こう」とお誘いが。さっそくみんなでいってまいりました。

ほぼ表参道の交差点近くで、青山通りから一本路地をはいった場所で少しわかりづらいかな。でも、青山通り沿いに看板がでています。お店は、ざっつ居酒屋!(笑)。壁一面にメニューが張ってあって、雰囲気だけ見れば青山だとは思えません。うーん新橋というとこか。店のご主人おすすめのサンマの塩焼きや、しめ鯖、とこぶしの煮物などなどを食べながら日本酒をいただきました。これがなかなかいけます。

で、あるスタッフがタバコがきれてしまって、ご主人に「自動販売機はどこにありますか?」と聞いたところ、「おう!ちょっと遠いからオレのベンツのってけよっ!」と。えー!ベンツ貸してくれるの?!つーか飲んでるんだけど!・・・・・とか思ってると、なんのこたーない自転車のカギが・・・(笑)。まぁそんな雰囲気のお店です(*'-')。

かんじんのおうどんですが、ここのお店はカレーうどんが人気らしく、まわりのお客様もほとんどがカレーうどんをたのんでました。私はあえてきつねにしてみたんだけど・・・・・やっぱり東京のおうどんは濃いね(´・ω・`)おあげさんの味付けも含め、ちょっとももにはしょっぱかった。でも、カレーうどんはこれはいける!ヒルズの地下にある古奈屋に少し似てるなぁ。お酒のあとには最高です。

営業は平日だけだそうですが、深夜3時ちかくまでやってるそうなので、残業あとの一杯にオススメ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年8月24日 (木)

カナユニ・赤坂~レトロが新しい

1966年オープンの老舗レストラン。当時は、サパークラブと呼ばれたカテゴリーに属するお店だそうです。青山通りから少しだけ入ったところにある重そうな木のドアをあけると、赤い絨毯をひいた階段が。その階段で地下におりると、まずジャズの生バンドが迎えてくれます。

そんなに大きなお店ではなく、ただただ重厚感にびっくり。お店の方も白髪で60~70代のいわゆる「じいや」タイプの方が、きちんと蝶ネクタイをしてサービスしてくれます。このへんだけでも、庶民はかなり心をくすぐられるな(笑)。ボージョレヌーボーを最初に供したり、キールを日本で始めて紹介したり。いろんな「初めて」をもっている歴史あるレストランです。

ここで食べてもらいたいものが、二つ。

①オニオングラタンスープ

「世界のスープの中で、ブイヤベースとならんで、この最も香気溢れるスープをカナユニと云うレストランでは、確かに大切に扱っているようだ。ディナータイムのコースの一部として、これを選ぶ人。夜会のあとなどにオニオングラタンとガーリックのパン、それにブドー酒などを楽しむ人・・・。それらの人々の気持ちを、この店では心憎いほどあざやかに演出してくれる。」三島由紀夫も称えています。(カナユニのHPより)

こんな情報をもっていて、ももがマネしないわけないですよ!(笑)というわけで、マネしてみました。オニオングラタンスープとガーリックのパンとぶどう酒!(ちなみに夜会帰りではありませんでした)。スープはかなり濃厚です。色も黒っぽくてどこまでも香ばしい。具沢山で、バターが惜しみなく使ってあるのか、軽くすませたいときはこのスープとパンで十分満足できそうな感じです。たしかに三島先生のおっしゃるとおりですな(笑)。

②和牛のタルタル

これはねー、食べてびっくりしました。最初、お肉や、お野菜、もろもろの調味料がべつべつにお皿に盛り付けられているものを見せてくれて、それをお店の人がまぜてくれます。で、それを極々薄いトーストしたパンに乗せて食べるのですが。もうねー、まじでうまい!!ほどよい酸味と、パンの香ばしさがばっちり。味も濃くはないけど、しっかりとしていて、生肉とは思えない量食べれてしまうの。自家製サングリアとの相性もバツグン。なかなか他の店では味わえない一品なのも、いいよ!

というわけで、このタルタルに魅せられてしまい、すでに3回いきました(笑)。わりと遅くまでやっているので、食事をした帰りにふらっと寄って、ワインとタルタル・・・や、ワインとスープ・・・なんてのもいいね。三島先生のいう夜会帰りというやつですな(笑)。

ひとつ難くせつけるとすれば。高齢の店員がおおいからなのか?、お誕生日などイベントでつかうときには、主賓の名前など、いろいろと念をしつこいくらいおしたほうがいいとおもいます。ある人は、お誕生日ケーキを友人のために作ってもらったら、予約のときの自分の名前が皿にかいてあったそうです・・・・(汗)。実にジェントルに謝っていただいたそうですが。

まぁそのへんも老舗の貫禄なのか(´・ω・`)。タルタルおいしいから許します。お店の雰囲気も最近はなかなか少なくなってきた感じなので、おもてなしにもいいと思いますよー。

     

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年8月22日 (火)

コジト・六本木~シェフのこだわり一軒家

西麻布・アルモニや、広尾・マルシェオーヴァンの山田シェフのお店です。テレ朝通りから路地を入ったところにある非常にわかりづらい一軒家。築の古い建物の立派な梁などを活かしながら、リフォームしてあります。床のタイルは、シェフみずからが手作業で貼り付けたそう!すごいこだわりです。

お料理は、アルモニとほぼ同じ感じ。非常にシンプルビューティーなフレンチです。なぜか仕事関係の食事会がここで週に2回もあったりして、ここ一ヶ月で3回いきました・・・(笑)。でも、メニューもわりと豊富で、毎回新鮮に食べられます。

いろいろある中おすすめをあえてあげるとすれば、前菜のパテ。わりとどっしりした仕上がりですが、暑い日につめたーいシャンパーニュとこのパテをいただくと、肌で感じる気温が1-2℃さがる気がする!夏にフレンチはちょっと・・・・と思われる方も多いと思うんだけど、その季節ごとの楽しみ方を提案しているのはさすがだなぁと感じました。

お店は、2階だて+メゾネット風の小さなテーブルで、2階はキッチンを見ながらの個室というなんともおもしろい趣向。メゾネット部分も少しせまいけど、二人でしっぽり・・なんて時はいいかも?!こちらからもキッチンが見えます。

山田さんのお料理は、本当に丁寧で、わたしたちゲストに喜んでもらいたい!っていう気持ちがひしひしと伝わってきます。リーゾナブルとはいえないけど、ここぞというときに利用したいレストランです。

| | コメント (13) | トラックバック (1)

2006年8月16日 (水)

東京倶楽部・六本木~紳士とは?

東京倶楽部については、みなさんご存知だとおもいます。明治17年に井上馨によって欧化政策の一環として作られたジェントルマンズクラブ、いわゆる社交クラブですね。あの鹿鳴館をクラブハウスにしていました。そこでは、日本人なれどもすべて英語で会話しなければならず、もちろん?女性は入れませんでした。交恂社と並ぶ社交クラブの草分けです。

その東京倶楽部。現在はどうなっているかというと、非常にモダンな建物に生まれ変わって現存しております。紆余曲折を経て、現在は六本木に。とある方に、先日つれていっていただきました。

以前は女性が立ち入ることはできなかったと書きましたが、現在は、会員の男性と一緒ならば、入ることができます。なんというかフェミニストが聞くと卒倒しそうな世界がそこにあります(笑)。中は、非常に贅沢に空間を使ったインテリアで、古臭い?イメージはまったく払拭されております。レストランのほかにも、ゴルフの練習ができたりする施設もあるようですが、そちらは女性がはいることはできません!聞くところによると、ゴルフの練習もスーツでないとだめとか!暑そう(´・ω・`)。

で、肝心のレストランです。メニューは古き懐かしきフレンチ。オニオングラタンスープや、フィレのステーキ、和牛のタルタル、そしてフォアグラ。しかし、食材が許せば何をゆっても作ってくれるそうです。そのへんがさすがですね。なので、メニューはあってないようなものだとか。どうもカレーが絶品らしいというウワサですがこれは試せず。残念。

お味は、これが実においしい(´・ω・`)。奇をてらっていないストレートさが、今となっては新しく感じるほどで、シンプルなステーキなどは、普段あまり牛を好まないもももペロっといけてしまいました。こういう伝統あるフレンチにかかせないオニオングラタンスープも、95点!5点減点は、熱過ぎたことかな(笑)。とまぁどれをいただいても、失敗はありません。しかも、連れていっていただいた方いわく、最近クラブメンバーの高齢化が進んでいて、お料理のポーションをものすごく少なくしているそうで、これが私には丁度よかった!

そして特筆すべきはワインのコレクション。メンバーが持ち寄っていくうちに膨大な数になったそうですが、それをおしげもなくあけてくれます。しかも安いんですよ!まぁなんつーか金儲けしなくてもいい店だからできる技でしょうが、ほぼ酒屋さんの店頭価格とかわりません。普通レストランは3倍ガケでだすのが常識ですから、オドロキの価格です。この日は、シャンベルタンをありがたくいただきました☆

とまぁそんなこんなの東京倶楽部ですが、先ほども書いたようにメンバーの高齢化が深刻なようです。お金もちなら誰でもいいというわけではなく、家柄、人柄等々、「紳士」としての素質を問われるそうで、そういった本当の意味でのジェントルマンはなかなかいないんだってさ。その証拠に、メンバーの入会金や会費も、聞くとそのへんのスポーツクラブ程度。ワインもお料理もびっくりするほど安い。ようは金じゃないんだよ!ということのようです。しかし、そうこうしているうちに世代交代もすすまず、現在に至ると・・・・。確かに私たちの周りも、年の頃70-80代と思しき方たちばかりでした。

ジェントルマンズクラブなんて、いまどき流行らないと思われる方も多いかもしれないけど、私としては一つの伝統だし、日本の当時の「よい時代」の象徴でもあるし、生き残ってほしいものだなぁと思います。ただあいにく私にできることはないがな(笑)。そこのイキのいい紳士のアナタ!東京倶楽部がお待ちしております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年8月11日 (金)

ポコ・ア・ポコ・青山~これがほんとのスパニッシュ

もうほんとうに5月から書いてませんね私ったら・・・・(汗)。でね、考えました。なるべく短くてもいいからもっと頻度をと!がんばります・・。

きょうは、青山のベルコモンズ近くにあるスペイン料理屋さんを紹介。正確にはバルです。カウンターだけの小さなお店で、座れても6-7人というところ。もうこの場所で開店してから20数年という老舗です。年に数回スペインにいかれるという70歳近いご主人と奥様がきりもりしています。

まず絶対に食べてほしいのが、トルティージャ。薄くきったジャガイモのはいった卵やきなんだけど、これがうまい!前菜のスタートに完璧です。で、忘れてはいけないのがハモン・イベリコ。こちらのお店では小さく切ってもらったものを手で食べます。それがスペイン風らしい(笑)。しかもすぐ食べると怒られます。肉の油がまわるまで待ってから食べないと本来の味にならないそう。

しかし一番のおすすめは、トリッパ。イタリアのどのお店で食べたものよりもこのお店のほうがおいしい!味の説明はしませんので是非これは食べてみて!とくに変わった味付けをしてあるわけではないのだけど、口にいれた瞬間に「あ!おいしい!」って思わず口をついて出てきます。体験してみてー!

でもね。

実は、こちらのお店、閉店を考えてらっしゃるそうです。理由は、お客様が減ってしまったこと。確かに安い値段設定ではない上、カウンターなので店のご主人とのトークがいやな人は入りづらいだろうと思われます。このご主人、ヨーロッパを中心に驚くほどたくさんのレストランを食べ歩いていらっしゃって、知識が豊富!あのエル・ブジ(スペインの超有名三ツ星レストラン)を「わざわざその店を目指していく価値はない」と切ってすててらっしゃいました(笑)。あそこはどうだ、ここはこうだというレストラン談義は私は大好きなので、気づいたら4時間いた!なんてこともしばしばなのだけど、嫌な人はいるだろうなぁ。

しかも、ちょっとだけガンコ?というか職人気質なところもあるので、怖いなぁって感じる人もいるかも・・・(笑)。でもね、それだけ料理に真剣だってことだと思うんだけどな。ほんとはとってもホットでチャーミングな人なんだけどな。とまぁそんなわけで、年内には・・・なんておっしゃってるんですが、これはなんとしても阻止しないといけないのですもも的には!!だから、みなさん行ってみてください!

絶対に後悔しません!絶対においしいから!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月17日 (水)

トルナヴェント・西麻布~近所の食堂

気分転換に、外食ランチにいってきました。家から徒歩圏内な事もあってずっと気にはなっていたお店で、ついに行く勇気がでました(笑)。というのは、レストランなど飲食店って、店構えや外から見る雰囲気でなんとなくものすごくおいしいかどうかってわかりませんか?(´・ω・`)。もちろんいい意味で裏切られることもたくさんあるけど、なんとなくももは鼻がきくつもりでいます。こちらのお店は、なんとなく足が向かなかったんだなぁ・・・・。でも、好奇心に負けました(´・ω・`)ハイ。

西麻布の住宅街にひっそり立っているビルの半地下です。平日で、しかも雨がぱらぱらと降っていたにもかかわらず、常連さんや近所の方と思しきお客様でいっぱいでした。ただ席数がそれほどないのでがやがやした感じはありません。ランチは、パスタと自家製フォカッチャ、スープとコーヒーのビジネスランチや、前菜とデザートのついた少し高めのランチなど3種類ほど。ももは、ビジネスランチでペンネアラビアータを注文。ミネストローネは、おいしくいただけました。これといって特徴はなし。で、かなり待たされてパスタですけど、これがねぇ・・・。

甘いの(´・ω・`)なんとなく。アラビアータなんだけどね。お砂糖の甘さではもちろんなくて、きっとトマトの甘さなのかなぁ。口にいれたとたんに、「む?」って感じ。で、オイルで火を通した柔らかいニンニクの欠片が乗ってるんだけど、これもいつものニンニクのおいしそうな香りとは別のこれまた「甘い」香りを放ってる。・・・甘いっていう表現が正しいかどうかはわからないけど、とにかく締まってないかんじ。しかもかなりきついめの塩加減。トマトソース好きのもも的にはかなりがっかり・・・。

でさ、自家製フォカッチャもオニオンとローズマリーで、このオニオンのほうがこれまたタマネギの甘さを大事にしてる仕上がりに。それぞれ単品ならいいんだけど、これだけ集まるとかなりトゥーマッチ。でもローズマリーのほうはおいしいかったな。麻布timeさんが書いてらっしゃったけど、これが一番という気もします・・・(笑)。

結論。

食堂ですな(´・ω・`)近所の。ちゃんとしたお料理を期待していくとがっかりしそう。

久しぶりに、ものすごく褒めない記事になっちゃった・・・・(笑)。まぁたまには許してくださいっ!

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年5月13日 (土)

六覚燈・銀座~大阪発!串かつ魂

串かつといえば、やっぱり大阪。串の先の向いたほうのソースをつけて食べるっていうスタイルが定番です。六角燈さんは、本店が大阪・黒門市場のど真ん中にあります。あちらにいた頃は、月に一回は行っていたくらいのももの3本の指に入る大好きなお店!その東京店として、銀座に数年前にオープンしたのがこちら。基本コンセプトは、「串かつとワイン」です。

ご主人が、大のワイン好きで、大阪のお店のセラーにはびっくりするようなワインのコレクションが眠っていました。特別な日には、いろいろとわがままをゆってみるんだけど、何でもたいてい出てきます(笑)。お誕生ビンテージのムートンのマグナムを!なんていうわがままは簡単にかなっちゃうの(*'-')。また、あまり名の知られてないボルドーの4級シャトーなどにもご主人自ら足を運んで、味を確かめ個人輸入するという念の入りよう。ソムリエではないんだけど、本当にその知識とセンスには驚かされます。

串かつは、エビから始まって、ストップというまで自動的におまかせででてきます。オススメは、貝柱!あまりにおいしくて2本アンコールしたことがあります(笑)。あとはそら豆のコロッケ、蓮根の肉詰めもおいしいな。20本で一回りなんだけど(大阪ではこれを「一周する」といいます)、ももはたいてい10数本でストップして、あとは気になるものを2本ほどお願いするスタイルです。

あと、自家製パンも見逃せません。お店で焼いているので焼きたてを出してもらえます。ワインにぴったり。でも、おなかがいっぱいでいつもお土産にもって帰って翌朝の朝ごはんだなぁ。

関西には、こういうタイプの串かつやさんが何軒もあるんだけど、色々と食べた結果、決め手になるのはやっぱり。なたね、紅花、ゴマ油・・・・いろいろな 油の配合で味が微妙に変わってくるの。特にゴマ油は、配合量によって胃のもたれ具合や、香ばしさにかなり影響するから大事です。大目に入れてる店は、香ばしくていい気もするんだけど、次の日胃にがつんとくる場合が多いし。この微妙な配分をうまくこなしてるのが、六覚燈さん。めいっぱい食べても、次の日元気イッパイです!(笑)。

今回はじめて東京店にお邪魔したんだけど、お店の雰囲気も黒門のお店と同じ感じで、なじみの従業員の方もたくさんいらっしゃいました。ワインも充実!ただ、値段は少し大阪より高め。まぁ場所代だね。串かつを食べるなら、ぜひこちらに行ってみて!後悔はさせませんよぉぉぉ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

いけ勘・六本木~近所の大将

先日、無性にお寿司が食べたくなって、久しぶりにいけ勘さんに行ってきました。会社の上司に連れて行ってもらって以来、お寿司といえばこちらにお邪魔してます。けやき坂を登りきって、テレ朝通りを少し広尾方面に歩いたビルの2階でこじんまりとやってらっしゃるお店です。

ももが、いけ勘さんが大好きな理由をいくつか。まず一つは、入りやすくて気持ちがいいこと。赤坂や、銀座のお寿司屋さんは、敷居が高いのはもちろんだけど、座ってるとカウンターの奥からこちらが値踏みされてるように感じることがある。思わず、「ちゃんとお財布もってますから」って言いたくなります。被害妄想かもしれないけど(笑)。でも、そう感じる=居心地が悪いわけで。その点、いけ勘さんは、電話応対も気持ちがいいし、ばっちりOK。

二つ目は、わがままが言えること。出されるがままのものを食べるのではなくて、刺身のネタに火を通してもらっておつまみにしたり、握りのシャリをものすごく小さくしてもらったり。こういうことを、実に気持ちよくやってくれるのがうれしいんだなぁ。大将とのコミュニケーションがとれる事は、もも的に寿司屋の魅力。ものすっごい高級寿司屋も、常連さんならわがままも言えるんだろうけど、ももには無理ですっ。

三つ目は、家から近いこと!。これダイジ。

ある人が、「寿司屋は、色んな店に行くのではなくて、一軒に通わないとだめだ」っておっしゃってました。確かにそう思う。でも、通わなくても常連気分を味わえるお店なら、もっとうれしいよね(´―`)。

はっきりいって、いけ勘さんよりおいしい寿司屋は、たくさんあると思うの。でも、今ももが一番おいしくお寿司が食べられるお店は「いけ勘」さんです。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

«鉄板焼きKurosawa・築地~黒澤監督は肉好き?!